外伝2・「ジャルジェ将軍の息子現る!?」内の最新情報

モーリス少年
「ジャルジェ将軍の息子現る!?」ストーリー

 ル・ルーが、行儀見習いの為にジャルジェ家へやって来てしばらくたってからのある日の事。
その日は、オスカル母親の誕生日ということで朝からジャルジェ家はパーティーの準備で大忙しだった。
 そんなおめでたい日に・・・一気に深刻な問題が発生する。なんと、オスカルの父・・・ジャルジェ将軍息子だと名乗るモーリスという少年がやってきたのである・・・!
 「わしは、知らん・・・・!!」としらばっくれるジャルジェ将軍・・・。そして、周りからの冷たい視線・・・。ばあやのマロン・グラッセは、旦那様に隠し子が・・?と、あまりにものショックに失神してしまう有様。
 結局、そのモーリスという少年はジャルジェ家に居座ることとなった。なんでもモーリスが言うには、母親が亡くなる前に「あなたの父親は、近衛隊の司令官をしているレニエ・ド・ジャルジェ。私が死んだらそこに行きなさい」と言っていたという・・・。
正に、ジャルジェ将軍の事である・・・。困惑する将軍は、家にいても立場がなく、留守にすることが多くなる
それを見て、ル・ルーは「おじいちゃまも大変ね・・・」と言い、将軍に追いかけられるシーンが多々見られる。
 しかし、オスカル的には・・・弟がいたとなれば、自分が軍服を着なくても良いということになる。本当の弟ならば・・・と期待しつつも、どこか微妙な気持ちのオスカル・・・。
 はてさて、ジャルジェ将軍はというと・・・なんとそのモーリスの母親が死ぬ寸前まで縫っていたというチョッキが贈られてきたりと、どんどん立場は悪くなる有様。
ばあやは、もう相手が旦那様だというのにもかかわらず、最低だと言わんばかりに睨み続ける日々・・・。それでも、「わしゃ知らん知らん!」と相変わらずしらばっくれている将軍・・・。
 しかし、オスカルの母親だけは、文句や愚痴を一つ言わず、モーリスには優しく温かく接する。旦那の行いに対して・・・一番、嘆き悲しむ人のハズなのに。
 その後、ジャルジェ夫妻はどうなったのか・・・?モーリスは、本当にオスカルの弟なのだろうか・・・?
なんといっても、ル・ルーがまた活躍をします。続きが見たい方は、ぜひ漫画をご覧になってください。
目この作品が、一番面白かったです。何といっても、あの堅物で短気なジャルジェ将軍が、家で肩身の狭い思いをしているのですから・・・。しかも、孫であるル・ルーに同情&冷やかされて、「あのガキめが・・・」と発言している場面も笑えます。
夫婦愛というのも感じられますね!!

続きが見たい方は→「ベルサイユのばら・外伝」上下


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。