61、「王妃さまのハーブ」
アントワネットの子どもの、マリ・テレーズとルイ・シャルルが、母のハープで遊びますが・・。

62、「グラスの使い方」
ワイングラス1ダースを購入したジェローデル。
誰の為に購入したのでしょう・・?

63、「影になれ」
オスカルの父、ジャルジェ将軍に「おまえはオスカルの影になれ」と言われたアンドレ。
本当に、意味わかってる・・?と、アンドレを突っ込みたくなります

64、「おれたちだって」
身分の差などなかったらと・・・想像するオスカルとアンドレ。
楽しく海辺を走る仲良い二人の姿を浮かべますが・・・。

65、「ひきこもり」
部屋から一歩もでないオスカル。
父が、アンドレと何かやってるのかと心配し、ドアを突き破りますが・・。

66、「東京でお買い物」
東京にやってきたオスカルとアンドレだが、ゆっくり買い物もできないハメに・・。

67、「ダンスのお相手」
舞踏会で、オスカルが礼装を着てきた。
結局、アントワネットと踊ることになったオスカル。
アンドレも、ロザリーもフェルゼンも、微妙な気持ちですが、一番悲しい思いをしたのは・・?

68、「極秘レッスン」
アントワネットと踊りたいルイ16世のために、メルシ伯がダンスレッスンをしますが・・。
ルイ16世、それじゃあだめでしょ・・・。

69、「フルートの春」
アンドレのフルートを吹く姿をみて、ル・ルーも真似して吹きますが・・。

70、「サッカーやろうよ」
サッカーのユニホームを着ているオスカルに、「俺もチームに入れてくれ!」というアンドレ。
しかし、オスカルは承知しない。なぜ・・?

71、「お酒よりも」
飲酒乗馬の検問をしているアラン。
オスカルが、馬から降り、アランに息をふきかけて、飲酒チェックを行うが・・・。

72、「お花見といえば」
貴婦人達がお花見に行くということで、アントワネットはルイ16世と先回りして驚かせる案を思いつきますが、実際の所・・。
アントワネットの天然さには笑えます!

73、「悩める人びと」
オスカルへの愛に悩んでるアンドレ・・・。革命で悩んでるオスカル・・。あともう1人、何かに悩んでいる人がいますが・・。

74、「ねこがふんじゃった」
アントワネットが作曲をしているということで、その様子を見に行ったルイ16世とメルシ伯ですが・・。

75、「賭けごと」
アントワネットが賭けごとをやめたと聞いて、驚くポリニャック夫人・・。
メルシ伯とルイ16世は、安心しますが・・。

76、「けんかの仲裁」
喧嘩をしているアンドレとアラン。
それをとめようと仲裁に入ったオスカルですが・・・。
あなた、女でしょう〜?と突っ込みたくなります。

以上で、「ベルばらキッズ」の2巻は終了です。
「ベルばらキッズ」の3巻も、早く出版されるといいですね!




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。