かわいいマリー・テレーズ・シャルロット・・1778年12月19日生まれ。ルイ16世アントワネットの最初の子ども。実在の人物
かわいい10歳でフランス革命に遭遇する。
1795年にタンプル塔から釈放された後、ハプスブルク家に保護される。
99年、従兄弟アングレーム公爵と結婚。
ナポレオン失脚後、国王ルイ18世と共に帰国するが、7月革命で再び亡命。諸国を転々としながら、余生を送った。→悲運に心を蝕まれたマリー・テレーズ

目マリー・テレーズの少女時代は、フランス革命の激動と重なります。
両親と一緒だった彼女は、全てを体験したわけであり・・・、こうした体験が感受性の強い少女の精神に何か刺激を与えないはずがありません。
成人してからの彼女は、表情が常に厳しく、一度も微笑んだことがないと言われて、人に対する態度が冷たく、愛想のよさや優雅さに欠けていると評されています。
それもそのはず、フランス革命での過酷な体験が彼女の容貌や、人格形成に決定的な影響を及ぼしていることは、間違いないのでしょう。
罪もない国王の子ども達




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。