080324_1425~001.jpgルイ・フェルディナン
どんっ(衝撃)ルイ16世は、ルイ15世の長男である、ルイ・フェルディナン(写真)の三男であった。
フランスでは、王位は長子から長子へと受け継がれる決まりが厳密に守られるので、二人の兄のいずれか1人でも健在であれば、彼が国王になることはなかった。
次兄が死んだのは、ルイ16世が生まれる前のことだったのだが、三つ年上の長兄ルイ・ジョゼフとは一緒に遊びながら育った。
長兄は利発・活発で、彼にとっても実に頼もしい兄だった。
しかし、大好きで尊敬もしていた兄が10歳で病死したことが、彼の心に暗い陰を落とした。
そして、父親のフェルディナンも1758年に36歳という若さで病死したため、ルイ16世は11歳で王太子になったのだ。

目運命なのでしょうか??父親、兄2人共に病死をしてしまい、ルイ16世が跡継ぎとなる・・・。
きっと、尊敬していた長兄が健在であったならば・・・フランス革命というものはおきず、アントワネットも、悲劇の女王なんて言われることはなかったのでは・・・?
ところで、写真のルイ16世の父親はわりと、童顔ですね。健在ならば、彼がルイ16世を名乗るハズだったのですね。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。