オスカル最期の地であるバスティーユ広場の航空写真です。
占拠後、バスティーユの建物は解体され、跡地は広場となりました。
現在も、バスティーユ駅の構内には、牢獄の土台の一部が遺されているということです。
そして、広場中央に建つ7月の円柱の下には、1830年の7月革命とその後の2月革命の殉死者が祀られているそうです。
バスティーユ牢獄の跡が示されていますよね。
大きな地図で見る




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。