メゾンラフィット
どんっ(衝撃)この写真は、メゾン・ラフィット城と言って1640年代にマンサールによって建てられた。
18世紀にはアルトア伯が所有していたため、ルイ14世やルイ16世夫妻も宿泊したという城である。
目と、いうわけでこの城は、ブルボン王家には縁があるわけですが、実在のジャルジェ家とは無関係です。しかし・・・この外観からは、どうしてもオスカルを立たせてみたくなる佇まいです。
オスカルは存在しない・・・わかってはいるのですが、この外観はジャルジェ家と重なってしまいます。





この記事へのコメント
はじめまして、ベルサイユのばら大好きですステキなブログですね。ジャルジェ家、まさにそれですね★
Posted by オスカルえっちゃん at 2011年02月27日 17:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。