かわいいウィーン駐在大使時代に、女性関係の派手さから、女帝マリア・テレジアに嫌われてフランスへ送還された。僧侶としてはフランス最高の地位にあったが、アントワネットは、母からこの‘破戒僧‘について注意されていたので、彼女にも軽蔑され、嫌われていた。実在の人物
かわいいローアンは、逆にアントワネットに惚れていた。そこをジャンヌに利用され、首飾り事件に関与するが、高等法院によって無罪となる。
目僧侶という地位は、第一身分なのにも関わらず、女関係に関しては、相当知能の低い人物だったのでしょう。この、首飾り事件・・・ジャンヌが賢いのか、ローアンがバカなのか・・・。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。