泣き虫ロザリー
ぴかぴか(新しい)テレビ版ベルサイユのばらは、全40話です。
コミックと内容は少し違いますし、オスカルも、コミックに比べると完璧人間で、落ち度がなく、余計かっこよくみえます。
そして、ロザリーは40話中に15話登場しますが、調べた所・・・13話涙を流していました!!以下に、詳しく書きます。
6話 「絹のドレスとボロ服」
ロザリー初登場!しかし、ここでは涙は流してません。
10話 「美しい悪魔ジャンヌ」
働く所がなくて、家出したジャンヌに助けを求めに行くが、ニコラスに鞭打たれて、姉さんの変わり様に涙・・・
11話 「フェルゼン北国へ去る」
ドゲメネに、近所のピエールが騙し打ちされ、殺される。
その際にも、涙を流し呆然と立ち尽くしていた・・。
14話 「天使の秘密」
母を、貴族の馬車(ポリニャック)に轢き殺され号泣する
16話 「母、その人の名は・・・?」
オスカルの部屋でオスカルへの思いを馳せ、涙を流す
17話 「今めぐり逢いの時」
舞踏会でポリニャックを見つけ、殺そうとするがオスカルにとめられる。そしてその後、悔しくて涙を流す
18話 「突然イカルスのように」
オスカルが、暴漢に襲われ怪我をし、「あたしの足手まといで」と涙する。
19話 「さよなら、妹よ!」
生みの母親がポリニャックだと知る。そして、義妹のシャルロットが自殺を図り、号泣する。
21話 「黒ばらは夜ひらく」
オスカルの別荘に訪れたロザリー。海辺を走っていたら、ジャンヌ姉さんがオスカルに賄賂を・・・。特に泣くシーンはなかったです。
23話 「ずる賢くてたくましく!」
ジャンヌが首飾り事件で容疑者に・・。ロザリーは、オスカルにジャンヌは姉さんだと告げる。そして、母さんの形見の指輪をジャンヌに渡して欲しいと、涙を流しながらオスカルに言う。
24話 「アデュウわたしの青春」
ポリニャック家へ行くと決め、オスカルに別れを告げる際、涙を流している
33話 「たそがれに弔鐘は鳴る」
久々に、アンドレとの再会を果たしたロザリー。この時、既にベルナールと結婚をしている。そして、アンドレにオスカルの相変わらず元気な事を聞き、涙を流す
38話 「運命の扉の前で」
民衆側についたオスカル。ロザリーと再会し、ロザリーは涙を流しながらオスカルに抱きつく。
39話 「あの微笑みはもう還らない!」
アンドレが死に、涙を流す
40話 「さようならわが愛しのオスカル」
オスカルが死に、絶叫そして号泣する・・・。
以上、ロザリーの泣くシーンでした。
実際、コミックではオスカルに「大きい目をして・・・相変わらず泣き虫さんだ」と言われていますわーい(嬉しい顔)
 





この記事へのコメント
本当にロザリーは漫画アニメと関係なく泣き虫ですね・・・。私は漫画版の方が可愛らしく思えるのですが・・・。
この画像、目の部分がとても綺麗で感動しました!
Posted by みさき at 2010年05月29日 13:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。