どんっ(衝撃)「ベルサイユのばら」作中で有名なシーンといえば、押し寄せた群衆の前にアントワネットが、たった一人でバルコニーへ進み出る。そして、優雅にお辞儀をする美しいシーンである。その光景に、群衆は王妃の威厳に満ちた姿に感動し、「王妃万歳!」と言ってしまう程である・・・。
しかし、遺されている絵画の中では、狭いバルコニーに国王夫妻の他、大臣などがひきしめ合い・・ちょっとしたすし詰め状態なのである。更に、ルイ16世は群衆に手を差し伸べ、王妃は腕に王子を抱いているのだという・・・。
目これが史実だとしても、やはり・・・ベルバラファンとしては、アントワネットが優雅にお辞儀をする光景をイメージしたいものであります。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。