アンドレとオスカル
ぴかぴか(新しい)アンドレにとっては、夢にまで見た展開です。あんなにも手の届かなかったオスカルとの最初で最後の一夜である。
男性社会の中で、誰よりも勇ましくあろうと頑張ってきたオスカルが、初めて女性として、涙ながらにアンドレに愛を求めた・・・。「私だけを一生涯愛しぬくと誓うか!?」そして、アンドレは・・「千の誓いがいるか、万の誓いが欲しいのか。俺の言葉はただ一つだ。果てしない時を掌にほのぼのと息づいてきたもの。時に燃え、時に眼とじ。あ・・・あ、絶えているばかりに胸震わせ、命かけた、ただ一つの言葉をもう一度言えというのか?」
そう、やっと二人の魂が結ばれた瞬間である。
しかし、その次の日に・・・まさかアンドレがオスカルをかばって死ぬとは思ってもいなかったのであろう。そして、その翌日には後を追うようにオスカルも銃弾で狙撃され、戦死する。
かくして、二人は死をもって結ばれることとなる・・・・。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。