ディアンヌ嬢
ぴかぴか(新しい)フランス衛兵隊達の憧れの的だったアランの妹である、ディアンヌ・ド・ソワソン。
以前、面会で兄に会いに来た時、衛兵隊の隊長に部屋に連れこまれそうになったことがある。それぐらい、男を夢中にさせてしまう魅力的なディアンヌ嬢。しかし・・・この画像は、なんだか輪郭がおかしいですが、池田先生の絵では、素晴らしく可愛い女性です
オスカルも、ディアンヌにロザリーの面影を重ねます。花のような可憐な少女・・・。
そんな美しい花のようなディアンヌは、貴族の相手との結婚を楽しみにしていました。しかし・・・、結婚間近という時に相手は金持ちの平民の娘と結婚してしまい、ディアンヌは裏切られ、首をくくって自殺してしまうのです。
ただ、貴族というのは名ばかりで・・・実際に財産がものをいうのである。アランの家庭は、金もなくて、平民以下の暮らしをしているのが事実なのである。
兄であるアランは、溺愛していた妹だけに、嘆き悲しむ。
 花の命は短いといいますが、正に美しいもの、清らかなものほど短命なのでしょうね。いつの時代も・・




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。