かわいいルイ15世の愛人として、ベルサイユ宮殿に君臨。元は、娼婦だったにも関わらず、貴族の男と書類だけの結婚えおして相手を毒殺。まんまと爵位を手に入れ、宮廷に出入りし、ルイ15世の愛人ということになったのだ。実在の人物
かわいい愛人となってからは、わがままのし放題。身の程をわきまえず、正式な王太子妃であるアントワネットと勢力を争うという愚行を犯す。しかし、ルイ15世の死により、ベルサイユ宮殿から追放。国家の囚人としてポン・トーダムの修道院に入れられてしまった。
目池田先生がおっしゃるには、デュ・バリー夫人は、作品中では高慢ちきで気の強い女性として描かれていますが、実際は心優しく、素直で思いやりのある女性だったそうです。ルイ15世も、だからこそ寵愛したのだし心を許し安らぎとしていたのでは。
ただの豊満な肉体を誇示する卑しい淫らな女性ならば、ルイ15世にも気に入られなかったのだと思います。→元娼婦デュ・バリー夫人のシンデレラ物語
噂では、猿を飼っていたということなのですが、実際どうなのでしょう・・・。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。