マリーアントワネット
ぴかぴか(新しい)フランス最後の王妃である、アントワネット。この画像は、頭がでかくて少しやつれ気味な気もしますが、贅沢三昧の王妃の絵です。
なんと、衣装代だけで、年間10億円もかかったとか。
何しろ、朝起きてまず一番先に考えることといえば・・・「今日はどんな服を着ようかしら?」だったそうです。まず、女官がドレスの縮小見本をお目にかけ、その中からアントワネットがその日に着るドレスをいくつか選び出す・・・。
 直属デザイナーのベルタン嬢は、下層階級出身ながら、王妃との直接謁見を許され、ヨーロッパファッション界に君臨します。暇があると、王妃と二人で部屋に閉じこもり、ドレスのデザインをああでもない、こうでもないと、何時間も顔つきあわせて相談する有様。
なんでも、ベルタン嬢の作るドレスは、一着が6000万はしたとか。ファッション大臣ローズ・ベルタン
今なら、このドレス一着分で新築マンションが買えますし、お釣りもきます。それにしても、何を着ても似合うアントワネット。さすが、ファッション界のリーダーですね。→女性の拷問服・・ウエスト33センチ




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。