オスカル
かわいいオスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ1755年12月25日生まれ。架空の人物。
かわいい王家の軍隊を統率してきたジャルジェ家の、6女として生まれたオスカル。男児を欲しがっていたジャルジェ将軍男として育てられる。なんでも、6人姉妹の中で一番美しいということなのだが・・・・。きちんと女性として育てられていれば、どんなに美しく、そしてどんな幸せな結婚生活を送っていたのだろうか・・・。それはそうと、オスカルは、近衛としてアントワネットを様々な陰謀から命がけで守る。しかし・・黒い騎士を、取り逃がしたということで自らフランス衛兵隊への転属を願い出る。
最終的に、衛兵隊で平民たちの生活や思想を目の当たりにし、民衆をないがしろにする今の国家体制が間違っていると確信する。そして、家族を捨て・・爵位を捨て・・民衆のために命を捧げた。→近衛隊として王家をお守りするオスカル
かわいいオスカルは、フェルゼン伯に恋する時期がある。しかし、その気持ちを抑え・・・苦しむ。そして、生涯一度だけオスカルはドレスを纏い、舞踏会でフェルゼンと踊る。「フェルゼンの瞳が私を見つめた・・フェルゼンの腕が私を抱いた・・・フェルゼンの唇が私を語った・・・。これで・・・これで忘れられる・・・」涙を流しながら自分の気持ちに見切りをつけるオスカル。なんと、胸痛むこのシーン・・・。→オスカル一生に一度のドレス姿
その後、アンドレの一途な想いに心うたれ、アンドレに惹かれていく・・・。しかし、彼と何十年も共にしてきて、やっと心と体が結ばれたのがたった一日だけだった・・・・。→アンドレとオスカル結ばれる
目オスカルは、教養高く美しく、真の男よりも、男らしく人間としても男性(?)としてもとても魅力的であり・・・一見、氷のような冷たい雰囲気を醸し出しているけども、心の中は炎のように熱く燃えている・・・完璧な女性です。そして、とてもプライドが高く自尊心が強いです。プライドが高いと思う場面はちらほらあります・・・。
「私がこの世でたった一人・・愛してもよいと思った男・・フェルゼン・・・」というセリフです。愛してもよいって・・・・何様?と思われる方もいらっしゃると思いますが、何を隠そうオスカル様です。オスカルほどの方なら、そういうセリフも合っていますね。同性までも、虜にさせてしまうオスカル様・・・永遠に憧れの人です。
ベルバラキッズのオスカル




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。