bara.gif「ベルサイユのばら」は、1972年「週刊マーガレット」で連載が開始し、多くの人々を魅了した作品です。

1755年・・・後にフランスの仮面舞踏会で、運命の出会いをする3人の人物が、奇しくも同じ年に生を受けた。
1人は、フランス王家に代々武官として仕えるジャルジェ将軍の末娘として生まれながら、男として育てられるオスカル
もう1人は、北欧・スウェーデンの名門に生まれたフェルゼン
そして、最後の1人はオーストリアの女帝マリア・テレジアの末娘のマリア・アントニア・・・後のフランス王妃マリーアントワネット
大国オーストリアの王女として、何不自由なく育てられたアントワネットは美しく、あまりにも純粋無垢に成長するが、優れた政治家でもあった彼女の母親は、幼いアントワネットとフランス王太子ルイ・・後のルイ16世との政略結婚を画策する。これにより、フランスとの同盟は両国に平和と繁栄をもたらすはずだったからである。
 こうして、未だ恋も知らない14歳のアントワネットはフランスに嫁ぐことになる。その新婦をベルサイユまで護衛したのが、近衛連隊の大尉・・気高く立派に成長したオスカルであった。近衛連隊長オスカル大尉
1770年、ベルサイユ宮殿で壮麗な結婚式が行われたが、この未熟な新郎と新婦の間には、愛と呼べるものはまだ存在していなかった。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。